Home>>商品について

商品について

和布商品

日本の彩色美・アンティークデザイン(柄)を大切にしたインテリア商品を扱っています。
クッションには織りネーム(ka-kaタグ)を付けております。世界にたった一つのお気に入りに出会い、染め・織の技術、そしてあの色味・デザインの素晴らしさを身近で味わっていただければ幸いです。

お手入れの方法

基本的には、着物や帯のお手入れと同じです。
絹の商品の場合は、時々、まるめた白い布(手ぬぐい・タオル等)で軽くほこりを払って下さい。
ウールの商品の場合は、柔らかいブラシで結構です。
洗濯機では洗えません。
*クッションの中味は、洗濯機で洗えます。

シミ抜きについて

シミは時間がたてばたつほど落ちにくくなり変色します。早めの対処を心がけて下さい。

水・コーヒーをこぼしてしまった・・等水溶性のシミを付けてしまった時

乾いたきれいな布等で、表面の水分をとります。
裏側に乾いたタオルを当て、表には水を含ませて固くしぼったタオル等でトントンとたたきます。
汚れを裏側のタオルに持って行くようにします。
どうしても気になる場合は、専門店にお持ちください。

ドレッシング・料理のソース・ケーキのクリームをこぼしてしまった・・等油・脂性のシミを付けてしまった時

こぼした部分をつまんで素早く裏側から指で弾きとばし、こぼしたものを乾いた布等でつまみとります。
その後、水溶性のシミをつけた場合と同じ様に、裏側に乾いたタオルを当て、表には水を含ませて固くしぼったタオル等でトントンとたたきます。

汚れを裏側のタオルに持って行くようにします。
乾燥させた後、ベンジン等で汚れを落とします。
どうしても気になる場合は、専門店にお任せください。

絹でできた商品にしてはいけないこと

シミが出来たからといって、タオル・ハンカチ等に水をつけて擦ってしまうこと。
まだ、シミを付けた段階では表面に染みているだけなのですが、水を含んだハンカチなどをあてると、水分でシミの部分が広がってしまいます。そして擦ることによってシミが奥へ奥へと入ってしまいます。
特に絹は摩擦に弱いため、擦る事により生地が傷む原因となります。